聖カタリナ女子高等学校

stcatalina.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

校長室の窓から No.66

                        猛暑の中で

 東北地方に地震が続いている。24日未明は、震度6強という大きさにもかかわらず犠牲者が出なかったのは幸いであった。発生時刻が深夜であったためだろうか。ただ、阪神・淡路大震災(1995年1月17日)以来、被害を伴う地震がいとまなく日本の各地で発生しているような気がしてならない。ほぼ一年前には、新潟県中越沖地震にて15人が亡くなった。
 それにしても、私たちは地震に対する効果的な予防策を有していない。可能であるのは、発生時の対応マニュアルを作成し、建造物の耐震化を図ることのみ。実は、先の終業式直後から、現在の耐震基準を満たしていない建造物二棟の強化工事にとりかかっている。いま日中の校内には、コンクリートをはつるドリルの音と吹奏楽部の演奏音が錯雑に入り混じる。猛る暑さは衰えを見せず、29日の今治では全国最高37.7℃を記録。その日、工事関係者が物陰に体を横たえ、体調を整えているのを何度か見かけた。工事の無事完了を祈っている。
b0086649_10232274.jpg

by stcatalina | 2008-07-31 10:23 | 校長室の窓から

夏期補講

私たち専攻科2年生60名は、看護師試験全員合格に向けて、毎日補習や自己学習を行っています。社会に貢献できる素敵なナースを目指して分厚い国家試験の問題集を片手に寝る間も惜しんで取り組んでいます。な~んちゃって!(笑)

b0086649_1613385.jpg

写真1 見よ!1500ページ以上に及ぶこの国家試験問題集(汗)


b0086649_16135348.jpg

真面目に学習に取り組む私たち(フフフ ♡)


b0086649_1616691.jpg

後ろ姿も真面目でしょう(本当に?)
by stcatalina | 2008-07-29 12:35 | 看護科専攻科だより

商業科だよりVol.5

 ”脳トレ”
 現在、夏休みの補講の真っ最中です。生徒達は、毎日、暑い中頑張って登校しています。月曜日の今朝、クラスの何人かは真っ黒に日焼けした元気な顔を見せてくれました。ただ、夏休みに入り、生徒達は少々夏バテモードで、脳の働きもやや鈍くなり集中力に欠けているように感じます。 (~Q~;) あっち~
b0086649_10123183.jpg
 そこで我がクラスでは、いまブームの”脳トレ”に挑戦中です。毎朝2分間、+算・-算・×算・÷算の混じった単純計算ドリルをしています。毎日継続すれば、2分間で100問できるようになるらしいので、生徒達も誰が一番早く2分間で100問できるようになるか、楽しく競争しながら頑張っています。
 少し脳を活性化させてから、1時間目の授業の始まりです。今日も一日、頑張ろう!!
by stcatalina | 2008-07-28 10:24 | 商業科だより

校長室の窓から No.65

                      チャンスの顔

 全国高校総合体育大会(インターハイ)がこの28日から埼玉で開催される。一昨年は大阪、昨年は佐賀へ、私は二年連続で応援に出かけた。ただし、種目によってその開催日はまちまちであるため、いつ行けば一番多くの競技を見て回ることができるのか、大いに頭を悩ませたものである。今年の埼玉行きは松山での仕事の関係もあって断念したが、毎朝、校長室の窓から東方の空に向かってエールを贈り続けたい。
 本校からインターハイへ出場するのは6競技に57名。先の22日、終業式に続けて壮行会を行なったが、県代表の女子の総勢が229名であることからこの数の凄さが判るだろう。今年初めて、両校舎それぞれの玄関付近に、県総体の戦績を讃える掲示板を設置した。
 ここで改めて、全国大会に向かう生徒たちへ告ぐ。「チャンスはピンチの顔をしてやってくる、という。だから、ピンチに動じてはならない。それはチャンスなのだから」。
b0086649_10314361.jpg

by stcatalina | 2008-07-26 10:35 | 校長室の窓から

商業科だよりVol.4

体育祭に向けて 
 7月22日の終業式を終え、本校もやっと夏休みに入りました。しかし、先生方も生徒達も、部活動や補講とあいかわらず忙しい毎日が続いています(^^;)
 聖カタリナ高校では、9月10日(水)に体育祭を予定しています。そのために各ブロックごとに、生徒達は夏休み返上で応援パネルや衣装作りに取り組みます。
b0086649_13581228.jpg
 私たち商業科の今年のブロックは「紫龍」です。さっそく昨日から、係の生徒たちがパネルの制作に取りかかっています。1年生から3年生までが一緒に作業をするので縦のつながりができる良い機会でもあります。今日も3年生が1年生を指導しながら作品作りに汗を流していました。
 いい作品が出来上がることを期待しています。そして今年こそは、優勝できるといいですね。競技の方も毎年こそは、上位入賞をめざしましょう! └(´▽`*)┘ガンバレ!!紫龍!!
by stcatalina | 2008-07-24 14:12 | 商業科だより

校長室の窓から No.64

                      オアシスへの期待

 それは「中庭にベンチを」という生徒の声から始まった。何回目かの委員会で、そもそも中庭の役割とは?という疑問が出されたとき、委員のひとりが故シスター上妻(初代理事長)の文章を思い出す。1963年、「方形の校舎」と題した一文で次のように語っておられる。
 「四方の教室の窓を開けてください。総ては中央の中庭に通じています。中心の聖カタリナ像は、円形の磐石の基礎の上に立っていらっしゃいます。これは学園全体の円満なる協力一致の精神を象徴しています。その周囲をかこむ清純な池とその発露である噴水、これは学園を囲む皆さん自身の姿ではないでしょうか。そして緑したたる芝生は、広大なる神の愛を示します。ここに精神の疲れを、悩みを、また、体の疲労をいやすオアシスを見出しましょう。」
 結論として、少しずつ増えていた大小の木々を殆ど整理し、45年前に立ち返って一面に芝生を張ることにした。生徒たちが、神の愛の中で語らう日々がそのうちに来るはずである。
b0086649_19204269.jpg

by stcatalina | 2008-07-17 19:20 | 校長室の窓から

商業科だよりVol.3

インターンシップ説明会
 商業科では、「課題研究」という授業があります。2年生はその授業の一環として、11月にインターンシップ(職場体験学習)を実施しています。今日は、その説明会がありました。昨年の先輩方の実習の様子を見て、自分がどの企業で実習するかを決めます。
b0086649_12112977.jpg
 実習先は、市内の百貨店・スーパー・幼稚園・病院・美容院etc・・・21社の中から、将来の自分の進路も考えながら選びます。2学期は、外部講師の先生にもきていただき、言葉遣いやあいさつの仕方、お礼状の書き方など、そのための準備をしていきます。

【昨年の生徒達の感想より】
・接客は商品を売るだけでなく、商品の準備から片付けまで責任を持ってするし、どのようにしたらお客様に商品を買ってもらえるのか考えることも、接客の一部だということを学びました。
・授業で「社会は厳しい」と聞いても実際ピンとこなかったけれど、職場に行ってみてそのことが身をもって分かった。どれだけ頭でわかっていても、体が覚えていなければ何の意味もないので、インターンシップはいい学習だと思った。
・まず、最初にお店の方に言われたのはあいさつのことだった。あいさつをして、返してくれなくても、必ず相手には届いているものだから、見かけたお客様、全員にするくらいの気持ちでやってほしい、ということだった。

 今年の2年生も、インターンシップを体験して、ひとまわり成長してほしいと思います。
by stcatalina | 2008-07-16 12:51 | 商業科だより

こんにちは、F2-2です。

1学期期末テストの真っ最中です。
夏休みを憂いなく迎えるためにも、しっかりと勉強に励みましょう…とは言ったものの、修学旅行疲れかちょっとピンチな様相を見せている、我がクラスです。
担任の私は普通科の卒業生なので、クラスのみんなには生徒としてだけではなく、後輩としても是非頑張ってほしいと毎日思っています。

言い過ぎでは?と思うぐらい、勉強も学校生活も頑張れ頑張れと言ってるのですが、実は、もう一つ生徒に頑張れと言いたいことがあります。

今年度家庭総合の時間に、調理実習があり、これまでに2回、生徒の料理をいただきました。
将来、自分で自分に食べさせていかなくてはならない時が必ず来ます。
そのときに、自分で食べるものくらい自分でおいしく作れた方が絶対に良いと思います。
外食よりも安全で安くできますし。

b0086649_13242577.jpg
この一年で作るレパートリーは限られているとは思いますが、是非、頑張って腕を磨いてほしいと思います。頑張ってください

追伸。ご飯はかたい目の方が好きです。
by stcatalina | 2008-07-09 13:31 | 普通科だより

校長室の窓から No.63

                       ふたつの向上

 期末試験の真っ只中である。職員朝礼前の校長室で、いつもだと聞こえる登校時のおしゃべりが耳に入ってこない。試験中の朝は、校内に独特の空気が漂う。また、休み時間のおしゃべりも激減して、校長室の窓から入ってくる「元気玉」がなくなる。健康な喧騒はいいものであるが、真剣な静寂もまたよしである。両方共に学校ならではの雰囲気であるだろう。
 本年度の学校目標はふたつ。ひとつは「学力の向上」、そしていまひとつは「生活マナーの向上」である。後者においては特に、校内における挨拶の励行を呼びかけている。スタートダッシュをうまくやろうということで、そのためのポスターを全クラス2部ずつ制作して教室内や廊下に掲示した。コンクールではないから優劣をつけないが、これなら効果がありそうだ、といった作品がいくつもある。それらに喚起されて、常に「勉強は自分のためである」ことを忘れないでもらいたい。ついでにこの数日は、テスト結果にもこだわって欲しいと願う。
b0086649_13482978.jpg

by stcatalina | 2008-07-08 14:16 | 校長室の窓から

北海道の思い出 S2-2

 第2班(127名)は看護科と一緒に6月23日から3泊4日の旅行に行ってきました。
 23日(月)の朝は天気も良く、絶好の旅行日和りでした。クラス全員が定刻前に集合し、元気で、晴れやかな面持ちで出発の挨拶をすませました。初日は羽田経由の長い飛行機の移動でしたが、機内でのお弁当、音楽やテレビを堪能した様子でした。千歳空港の乾いた空気に触れ、まず、歓声をあげました。最初の体験がノーザンホースパークの北海道らしい牧場で、馬に乗ったり、自転車を漕いだり、移動の疲れも吹き飛んだ様でした。途中の道路では7月7日に開催されるサミットの警備の物々しさに驚きの声を上げました。定山渓のホテルのお客さんまで警察ばかりで皆、心持ち遠慮がちな動きでした。世の動きを肌に感じたようです。
 2日目は札幌の自主研修が予定され、各自が班行動でそれぞれの研修をし、食事も好きな物を食べました。風土の違う大都会での体験は得る物が有ったと思います。教員側は午後8時の点呼までは安心できず、無事に帰ってくるまでは落ち着かない物なのです。(全員が定刻に帰った時には先生方の安堵の顔を垣間見た様な気がしました。)翌朝のガイドさんの質問では食事の話が盛り上がっていましたが、観光地の話は少なかったように感じました。
 3日目は午前中に小樽の散策をしました。生徒達はこの街の町並みと美しさに最も感動をしたようで、日差しの強い中、大きな袋を抱えて何度も何度も往復していたようです。おみやげもここでたくさん買ったようです。生徒達も時間に気を配り、出発の時間の10分前にはバスの前に集まることが出来るようになってきました。午後はルスツの遊園地ですから、移動中のバスの中では口を開けて熟睡をしていました。北海道で一番のリゾート地ということで広大な敷地の中に大きなホテルと様々な設備や乗り物に喚声を上げました。食事もバイキングで思いっきり食べていたようです。旅行に満足したのか、比較的この日は静かに睡眠を取ったようでした。
 4日目、最終日は皆、無口になり、帰り支度に忙しい朝を過ごしました。朝の支笏湖は朝靄があり、少し、感じる物があるのでしょう。センチメンタルな空気が漂いました。帰りの飛行機は安心したのか、疲れたのか、ほとんどの生徒が熟睡をしていたようです。クラスのみんながこの旅行でいい思い出が持てているように担任としては思いたいのですが。
    商業科2年2組 担任 渡邊 日出夫
b0086649_1445316.jpg

by stcatalina | 2008-07-07 14:53 | 学 校 行 事